債務整理をして、借金の負担が軽くなった。(男性/30代)

男性/30代

私は現在、30代のサラリーマンですが、過去に飲食店を経営していたことがあります。

しかし、収益が思うように上がらず、運転資金を借金で補っていたこともあり、
店を閉めた時点で数百万円の負債を抱えてしまいました

自己破産するべきかと考えていた時、テレビで債務整理に関するCMを見て、一回相談してみようと思いました。

そして、相談して初めて、自己破産以外にも選択肢があるのだと知りました。
しかし、やはり債務ですからメリットばかりではありません。

債務整理をすることのデメリットにおいては、ブラックリストに載ってしまうことがあります。
つまり、クレジットカードを作ったり、お金を借りることが一定期間難しくなるのです。

また、債務整理は弁護士や司法書士が行う任意の手続きなので、金融機関が交渉に応じてくれない可能性もあるそうです。

私の場合は何とか、債務を軽減してもらったので問題なかったですが、非協力的な会社もあるとのことです。
また、あくまで利息の軽減や元本の見直しなどを行う手続きなので、借金が丸ごと無くなるわけではありません。

このように良い点ばかりではありませんが、私は債務整理をして良かったと思います。

自己破産してしまうと就ける職業が制限されたり、周囲に自己破産したと知られる可能性が高いので、最終的な手段にするべきです。
まずは無料相談を行っている弁護士、司法書士の事務所に行ってみると良いと思います。

借金が一瞬で無くなるわけではなく、コツコツ返していかなければなりませんが、
それでも債務整理をした方が借金の負担が軽くなるのは事実です。

借金の悩みを解決したい方はこちら